うちの子、本当に算数が苦手で困ってしまう・・・という保護者の声をよく耳にします。確かに算数が苦手というお子さんはとても多いです。中学受験のサポートを行う塾でも、算数は重要科目としていますので、算数が中学受験にとっていかに大切な科目かどうかわかるでしょう。

中学受験の算数問題攻略には思考力が必要とされています。数学的知識があると公式を利用して問題を解いていきますが、そうではなく、中学受験では公式に当てはめて解かない思考力を駆使した問題の解き方が必要です。

思考力があると想像し、次に何が必要なのか発想する力が養われます。いわゆるひらめきという感覚です。このひらめきは思考力をより磨く訓練をしなければ養われない力です。問題を理解し、解答に何が必要なのかをしっかり考え、ひらめき、そこから解答を見つけに行く。この力をもてるようになると、超難関といわれる中学受験算数問題も解ける様になっていきます。

計算スピードや正確性なども重要なことですが、難問を解くカギをスピーディに見つけ、応用問題を解く想像力が生まれていけば難問は解けるようになるのです。応用問題を数多くこなし、どんな問題が出題されても迷うことがないように、算数の難しい問題を自らの力で解く努力をしてみましょう。