中学入試をするお子さんは少なからず小学校の成績がいいお子さんです。公立小学校に普通に通っているお子さんでも、成績がよくない状態で私立中学や中高一貫教育の学校に通わせようと思う保護者は少ないでしょうし、もし成績が振るわない状態なら早めに塾、家庭教師をつけて成績向上を狙っているはずですから、それ相応の成績となっているでしょう。

中学入試の算数の問題では、やはり小学校レベルの勉強を単純に行っているのでは解けない問題が多いです。小学校の知識を駆使し、想像力と思考力を働かせ、問題をパズルを解くように解いていくことが必要となるため、基礎計算力が非常に大切となります。

想像力等が必要な応用問題も多く出題されますが、単純な計算問題をいかに正確に早く解くことができるかという計算問題も多数出題されますので、ミスなく1点でも多く解答する事が望まれます。そこで計算ミスをしたり計算問題であまり点数を稼ぐ事ができなかったという場合、「奢り」が考えられます。

こんな問題、簡単に解けるに決まっているじゃないか、こうした奢りを持ってしまうと、自分の計算ミスなどに気が付きません。算数は常に「この解答であっているだろうか」「これって間違ってない?」と自分に疑問を持っていることがとても大切となるのです。かえって算数に苦手意識を持っているお子さんの方が、いい点数を出すことがあるのも、算数に謙虚であるからこそです。