中学入試は様々な中学が行っています。私立中学が中心ですが、公立の中高一貫教育の学校も最近は中学入試に参入するようになっています。良い人材を得る事、またその学校の教育理念を最初からしっかり理解されているお子さんが受験するわけですから、学校側からすれば自分の学校を理解してくれている家庭のお子さんが来るということが大きなメリットとなります。

中学入試を行うそれぞれの学校で、入試問題に違いがありますが、中でも顕著に違いが出るのが算数です。ある学校は計算の正確性、早さを重視した入試問題が多く、ある学校は超難問と呼ばれる算数の応用問題が多い、またある学校は解答に関して図で説明しなさいという指示があるテストが行われています。

この算数の出題傾向を見ると、学校が入学してくる子供に何を求めているのか、その学校の指針が見えます。算数は特に出題傾向の違いが読みとれる科目なので、中学入試の算数はそういった教育方針を明確に感じるためにも、重要な科目といえます。

中学入試の問題は公式などを利用して解かず、公式利用で簡単に解ける問題も小学校の算数の指導に基づいた解き方をしなければなりません。様々な事を考えていく必要がありますが、算数についての対応は中学入試そのものへの対応と考え、しっかり対策を練る事が重要です。