中学受験では算数で決まるといわれるほど算数に力を入れている学校が多いです。算数はただ計算をするだけではなく、問題を解くときには思考力や想像力が必要となりますし、計算を正しく行うためには計算を正確に解く能力が大切です。色々な能力があってこそ算数の問題が解けるようになるため、勉強の総合力を見る科目でもあるからです。

中学受験で出題される単元については、各学校によって違いがありますが、小学校の算数の解き方で解くことが求められるため、算数の基礎学力は非常に大切です。計算においては、単位の換算や分数小数など基礎をしっかり磨いておくことが重要ですし、整数については約数や倍数、整数の性質などを理解していないと解けません。

算数の根本的な原理を小学校の授業で指導されることに基づき利用し、それを解答に結びつける能力が必要となるのです。そのため、小学校の高学年では応用力を磨く、低学年、中学年では計算ミスをなくし基礎学力をしっかりと磨いていく勉強が重要です。

中学入試の算数の出題は学校ごとに違いがあるため、どの単元が中心となって出題されるかを読み取り、志望校が決定したらその学校の出題傾向に合わせて中心となる単元に沿って学習していくことが算数攻略に結びつきます。