応用問題を思考力、想像力を駆使して解いていく、これが中学受験の算数に必要な能力です。どの学校でも中学受験を行う学校は、子供のこうした能力を見るための問題が出題されるため、応用問題を数多く解くことが必要となりますが、それ以前に、塾講師、家庭教師などは、計算問題を甘く見てはいけないと指導します。

計算問題はこれまで小学校で指導された計算方法を用いて行えば解ける問題です。思考力や想像力を駆使するのではなく、計算をしっかり正確に解ける力があれば解ける問題ですが、ここに落とし穴があります。

中学校受験に沿った模試で算数の成績が振るわない子供の弱点を見てみると、案外計算ミスが多いという事がわかります。どんなに算数が得意なお子さんでも、ひらめきがあるお子さんでも、計算問題を正確に解くことができなければ、中学受験に失敗する恐れもあります。

たかが計算問題一つのミスでも命取りになるという事をお子さんにしっかり理解させておくことが重要です。逆算、計算速度、算数の単元事態に弱点があるお子さんもいます。計算ミスを極力なくすために、お子さんが算数でどの分野について弱いのかを理解し、その弱点を克服し計算ミスをなくすための勉強を取りいれていきましょう。