中学受験は学校によって特色があり、特に算数については超難関校によく見られる超難問、さらに最近重視する学校が多くなっている計算の正確性、スピードなど、学校によって重点とする単元に違いがあります。

高校や大学受験でも、志望する学校の入試問題出題傾向をつかみ、その過去問題を繰り返し解くことが重要とされていますが、中学受験も同様です。特に小学校の基礎総合力を判定するという方針を持っている学校が多いため、基礎や基本を中心に勉強を行い、さらに、学校の指針を読み取りその学校の出題傾向に合わせた勉強が重要です。

志望校が決まったら1日の勉強の中に志望校の過去問を解くという課題を入れていきます。志望校の課題を繰り返し解いていくことで、志望校で出題される問題の傾向を読み取り、なにに強くなっておくと有利なのか、判断する事ができるようになります。

塾や家庭教師などを利用する場合も、過去問題については重点的要素として繰り返し学習を行うと思いますが、自学でも過去問題を解く時間を作り、志望校の出題傾向を分析し、中学入試の算数問題に慣れておくと安心です。年度によって出題傾向を変える学校もありますので、その年度の新しい情報を常に仕入れ、中学受験の算数に強くなっていく学習を行いましょう。