中学受験に備えて各教科の弱点克服を行いつつ、受験生は日々学習を行っていると思いますが、算数に関しては過去問題などを通じ、自分が分らないところを見つける作業を行ってみて下さい。この問題は解ける、こういう問題が苦手ということが、過去問題を繰り返し行うとだんだんわかってきます。

分数は得意だけれど整数の性質についての問題が不得意、という事なら、基礎をもう一度しっかりさせるために整数の性質についての勉強を再度1から行います。小学校6年生でもう受験がすぐそこ、という時には、基礎に立ち返って学習を行うという事が難しくなるため、過去問題を解きながら塾などで×だった問題を詳しく説明してもらい、少し時間がたってから間をあけて同じ問題を解いてみましょう。

応用問題などは解答を出す事ができてもその解答への導きを説明せよという場合、解答できなくなってしまうお子さんもいます。論理立てて思考しそれを解答欄に説明しながら解答することが苦手というお子さんは、算数の基礎と並行して解答までの順序を付けて、その中でわからなくなっているところを重点的に学習していくといいでしょう。

問題の意図がわからないと問題が解けても途中が間違いでマイナス点をもらう事もあります。まずは問題が何を言わんとしているのかを確認し、その過程を説明できる能力も養っておくことが必要となります。そのためにはわからない、何となく理解できているけどしっかり理解できていないところを探し、そこが弱点と理解し塾の先生などに確認しながら能力を向上させていきましょう。