中学入試では進学塾、個別指導塾に通うことが一番のサポートになるといわれています。家庭教師や地域の塾ではなく、進学塾がいいといわれる要因は何でしょう。

中学受験の問題を読んでみると、実際に大人から見ても小学校の教科書に書いてあることでは解けないじゃないか?と思う問題が多いです。中学受験でも難関校と呼ばれる学校ほど、小学校で習う事以外の知識を持っていないと解けないと思われるものばかりです。この小学校の授業では解けない算数問題について、対応できるのが進学塾なのです。

お子さんの性格などによって、進学塾でも集団か個別かを選択すればいいのです。集団でも個別でも、中学受験の算数に関しては、中学受験のプロ講師による指導が最適といわれます。

進学塾では毎年難関校と呼ばれる中学受験の最高峰の算数問題を指導する等、よりレベルの高い問題を効率よく、「小学校で習う算数」で解く指導をしてくれます。保護者も問題を読み、大人の知識で解くことはできますが、現代の算数の解き方で指導することはできないでしょう。

進学塾では難しい算数の過去問題について深く解説しながらどう解いていけばいいかをレクチャーしてくれるので、小学校の授業や一般的な家庭教師、地域の塾とは違う質の高い指導ができるといわれています。やはり中学受験に沿った綿密なカリキュラムでの指導ができるというのは大きな力となります。