算数を嫌いになるお子さんは低学年児にすでに嫌いになっていることが多いです。算数の最初の取りかかりでわからなくなると、お子さんは算数が苦手になり、その後、ずっと足を引っ張る事になります。

低学年の時には進学塾などに通っているお子さんが少ないので、保護者が勉強の面倒を見ることが多いです。まだこの段階では、現代の小学校ならではの解き方をしないので、保護者が指導しても問題ありません。

問題は算数が嫌いになっていることに気が付かないことです。わからない状態になり算数が嫌いになっているのに、保護者がそのことに気が付かずにいると、次の学年に行く際にはすっかりわからなくなっています。より算数が嫌いになってしまうので、低学年の時、親が面倒を見る事ができる状態で、算数を苦手にさせないことが必要です。

学校で出される宿題は必ず目を通すようにしましょう。宿題の中で算数問題が解けないようなら、丁寧にわかりやすいように、教科書を見ながら指導します。低学年の年代では親が宿題をチェックする事は必須です。ここで苦手となっているようなら、塾や家庭教師を考えてもいいと思いますし、小学校1年生、2年生の段階で兄弟がいるようなら、お兄さんお姉さんに指導してもらってもいいでしょう。