算数の問題は小さい時こそ計算などの単純な問題を解答すれば成績もよく、苦手意識を持つことも少ないです。でも年代が上がっていくと次第に問題を読み説く力なども必要になっていき、塾などでわからないことをしっかり理解できるようにしていくことが求められます。

また、算数という科目は人に指導された後、自分で解く訓練をしなければ伸びない科目といわれています。学校で人一倍真面目に先生が黒板に書いたことをノートに書いている、毎日家で勉強もしっかりしているのに算数の成績が伸びないという時、自分で考えていない場合もあります。

親が良かれと思い学校で利用している教科書を読み、指導方法を考え、子供に懇切丁寧に解き方を教えてしまうと、「こういう時はどうやるんだっけ?」と教科書を読みなおしたり、ノートを確認したりする作業をしなくなります。自分で解くための努力をしなくなるのです。

こうなると家でやってくる宿題は完璧にできている(親が横で丁寧に解き方を教えてくれるから出来る)のに、学校でテストを行うと余りで気が良くないという結果になってしまうのです。算数は教えて理解するのではなく、「考えることで理解」していく科目です。お子さんが分らないという時、じっくり考える、作業する時間を与えることも親として大切な指導です。