保護者の中にも算数が得意な方は多いです。お子さんに中学受験を・・・と考えている保護者の多くが教育熱心で、将来お子さんが勉強で苦労しないようにとか、いい大学に入れるようになど色々な事を考えて中学受験を選択されています。

数学、算数が得意な保護者は、算数くらい自分が指導できると思っている人も多いのですが、実は保護者が指導してはいけない科目が算数なのです。実際に自分のお子さんが志望されている学校があるなら、その中学受験の過去問題を利用して保護者が問題を解いてみると、「こどもに指導してはいけない」理由がわかってくるでしょう。

確かに大人の知識で中学受験の算数問題は解けます。でも公式、方程式、文字式を利用して解いていないでしょうか。そうなんです。中学受験の算数問題は、中学校で習う文字式などを利用して解くことは容易で、ある程度数学が得意という大人ならだれでも簡単に解けてしまうでしょう。でも、公式、文字式を利用せずにとけといわれたら?実は大人ほど出来ないんです。

中学受験算数で求められるのは、文字式を利用せず中学で出題されるような問題を、小学生の知識でどう解くのか、その思考力が求められているのです。親が数式などを教えて算数の指導を行うと、間違った解答を教えてしまう事になりますので、算数こそ、大人が指導しないように心がけるべきです。