中学受験を控えているのに一向に成績が上がらない、模試を受けても思うような結果が得られない、子供は頑張っているのに塾が合わないのかしら・・と悩む保護者も多いです。この場合、なぜ成績が上がらないのか、模試の結果が振るわないのかを考えてみましょう。

お子さんの算数の成績が向上しない理由の中には、単純な計算ミスが多い、苦手な単元が克服できていない、問題を解く時間がかかりすぎる、解答への説明が必要なのに途中の式が抜けているなどが考えられます。また字が雑で解答の見直しが出来る状態ではない、問題が複雑になると途端に考えられなくなるなどがあります。

こうしたお子さんの算数に対する苦手を克服していかないと合格が見えてきません。単元についての対策を考える、計算ミスをなくすための練習を行う、応用問題をこなす、見直しの力を付ける、丁寧に文字を書かせる等対策はいろいろ考慮できるはずです。

もちろん塾の先生にも相談し、克服するためには何が必要なのか、自学でどのような事を行っていけばいいのか聞いてみましょう。算数は中学受験で大切な科目となりますので、どう対応していけばいいのか、早めに対策を練り攻略していくことを考える必要があります。自学の時間で練習できることも多いので塾の先生や家庭教師の先生、また学校の先生などに相談しながら攻略する方法を考えていきましょう。