中学受験の算数は難問が多いといいますが、よく読んでみると入念に練り込まれている問題で、難問というよりも複雑な問題が多いという印象です。算数は文章の解読力や解析力が必要で、国語的要素も含まれているため、そのお子さんの勉強の総合力を見極めるのに丁度よく中学受験でも重要視されています。そのため問題を作る側としても練った問題を出題し、お子さんがどの程度の想像力、思考力を持っているか学校側が計っているのです。

練りに練った問題が出題されるからこそ、問題をしっかり読み解析する力があり、算数の基礎学習ができていれば解ける問題という事です。確かにお子さんにとっては複雑で難解と考えられますが、過去問題などを多数解き、難題といわれる応用問題について問題を理解する力を養っていけば、どんな問題も解くことができるようになるのです。

難しい問題と最初から苦手意識を持ってしまうとより難しくお子さんの頭の中はパニックになってしまうかもしれません。しかし、問題をよく読み何を意図している問題なのかが理解できれば、パズルを解くように問題を解くことができるようになっていきます。

中学受験の算数は難問が多い、特に超難関校はひどく練った問題が出題されるといわれていますが、入試で実際に解くことが出来るお子さんがいるという事は、自分のお子さんにも解けないわけがないのです。繰り返し学習で問題に慣れさせておくことで難問にも強くなっていくでしょう。