小学校で習うのは算数、中学に行くと数学になります。中学受験の問題を見ると、小学生の受験なのに数学的な問題じゃないか?と思うような問題が出題されています。高度な学習を行っているお子さんは、塾などですでに中学で習う数学的な指導を受けていることがありますが、中学入試に関しては算数の解き方で解くことが必要です。

中学入試では本来数学的な解き方で解けば、簡単に解ける問題なのですが、小学生が受ける試験なので、算数的な解き方で解くため、複雑になってしまいます。ただ、この算数的解き方をすることで小学校で習う算数の知識がしっかり頭には入っているかを知る要因となるため、数学的な解き方をしないのです。

中学入試で行う算数は、文字式などを利用しなくても解ける問題です。でも中学に入り文字式などを覚えていくと、簡単に解けるようになるため根本的にどう解いていけばいいのか、想像力や思考力を利用せずに解くようになってしまいます。そうではなく、算数の基礎学力を利用して解く力を試すテストなので、複雑でも小学生として算数の解き方で解くことが求められるのです。

こうした思考力は中学に入り数学以外、その他の科目にも活かされる能力となります。算数の問題を解く力をしっかりつけて受験に挑みましょう。