小学校低学年、少なくとも中学年のうちに算数嫌いを克服しておくことが重要といわれます。高学年になるとより複雑になっていくため、受験体制に入る高学年になる前に、苦手科目の克服が必要といわれるのです。

算数が苦手なお子さんの中に多いのが、応用問題や図形問題、表問題が苦手というお子さんです。このような問題は基礎計算能力のほかに物事をじっくり考え理解し、その上で問題を解いていくことが必要なのですが、その考え方がわからないお子さんが多いのです。

問題を読み図形を見たとしても問題の意図がわかっていないと解けないため、お手上げ状態になってしまう、表の見方が分らないから問題を解くところまでいかない、問題を読み説く力がないので問題そのもの理解できない、こうなると問題を見るのも嫌になってしまい、図形や表問題、応用問題などの点数がたくさん取れる問題を捨ててしまうという勿体ない結果になってしまいます。

中学受験の算数は1点の差が合否に関係するというシビアな世界です。そのため、表問題や図形問題などの配点が高い問題ができないのは大きな損失です。苦手克服するためには数多くの問題をこなし、表、図、長い文章の問題になれるという事から始めましょう。